仮想通貨投資ビジネスを行うチームイエス

代替通貨と仮想通貨

代替通貨と仮想通貨 私たちが日常で使用している通貨はその長い歴史の中で、物流の手段や価値の判断基準など様々な役割を担ってきました。
そして時代のニーズに応える形で、現在の通貨は紙幣や硬貨のようにお財布に入れて持ち歩く法定通貨ではなく、カードやスマートフォンのアプリを利用した代替通貨も含まれるようになっています。
支払いが即座にできる代替通貨は瞬く間に浸透し、生活の利便性が大きく向上しました。
そして近年、代替通貨の一種として仮想通貨が誕生し頻繁に話題になっています。
仮想通貨は電子マネーやカードポイントと同様に代替通貨に分類されるとはいえ、それらとはいくつかの相違点があります。
まず仮想通貨は、インターネット上で取り引きを円滑に行うために作られたものなのでカードが存在しません。
次に、仮想通貨の単位は世界共通なので国境を越えた取り引きがスムーズに進められます。
そして最も注目すべきは、仮想通貨の価格が変動するということです。
この価格変動から発生する差額で利益を得られるので、現時点ではトレードやチームイエスのように投資目的として仮想通貨を買う人がほとんどです。
仮想通貨は用途に応じて何種類も出回っており、その中でも基軸通貨であるビットコインをチームイエスでは取り扱っています。

ネットワークビジネスとは

ネットワークビジネスとは よく耳にする「ネットワークビジネス」は、新しいスタイルの流通業と言い換えることができ、仮想通貨を取り扱うチームイエスもこのビジネスモデルに属しています。
簡単に言えば、会社が取り扱うサービスを購入して自分の影響力をもって流通させていくスタイルです。
従来の流通業だと商品を売るための費用は必ずかかります。
広告宣伝費や店舗を構える費用、販売するための人件費もろもろ、商売にかかる費用を経費として考え、商品の原価にこれらを上乗せして売らなければ成り立ちません。
しかし、ネットワークビジネスの場合は根本から異なります。
広告宣伝費や店舗を構える費用を始め、人件費すらも不要になるため、経費がそのまま浮くことになります。
この浮いた経費をビジネスメンバーに還元するのがネットワークビジネスです。
金額は扱う商品によって異なりますが、経費がほぼまるごと浮くと考えると、莫大な額になるのは想像に難くありません。
また、自分で紹介した人が売った際にもそこから収入を得られる仕組みが一般的で、いわゆる「子」や「孫」からもコミッションが入ります。
このため収入に上限がなく、チームイエスの投資に参加している人のように、やり方次第では億単位を稼ぐことも可能です。
この点がネットワークビジネス最大の特徴だと言えるでしょう。

新着情報

◎2019/3/1

サイト公開しました

「仮想通貨 展開」
に関連するツイート
Twitter

RT @bitcoinsv_jp: Gincoさん大勝利🏅やんけ🥳 顧客のみアクセス可能なウォレット業者は引き続きサービス続行できる模様 逆に預かる系のサービス展開の業者は、認可済み取引所を除いて今回の規制で実質オワタ/(^o^)\ナ-ンテコッッタァイ!!! #仮想通貨

コインチェック騒動から学ぶことまとめ!・仮想通貨史上最大の盗難事件・盗難された金額580億円・市場に与えた影響・仮想通貨市場が急拡大の展開kkburoburo.com/archives/355

リーマンショック後のNYダウと金価格に学ぶ、コロナショック後のビットコイン相場 | FXcoin 仮想通貨情報サイト:仮想通貨相場は引き続き米株を中心とした世界の金融市場に影響を受けやすい展開が続いている。下図で見ると… news.fxcoin.jp/detail.php?id=… @fxcoin_jpさんから

Twitter暗号通貨はじめました (Started crypto assets)@start_btc

返信 リツイート 10:35

過去のマガジンおすすめ3選! イランミサイル攻撃と米国の今後の展開で… ▼bokujyuumai-salon.ethereum-japan.net/magazine/7887 ビットコインETNはETF同様市場に影響を与… ▼bokujyuumai-salon.ethereum-japan.net/magazine/1286 SegWitとビッグブロックのスケーリング ▼bokujyuumai-salon.ethereum-japan.net/magazine/3318 #イーサリアム #ビットコイン #仮想通貨

Twitter墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界@bokujyu_salon

返信 リツイート 8:00

「リップルのODLでアクセス不可能な地域に展開」=英送金業者Mercury FX RippleNetに参加している英送金業者Mercury FXは、仮想通貨XRPを利用するODL(旧xRapid)のメリットと送金事業について語る。最新のRipple Insightsで判明。

BTC 瀬戸際の攻防で売り仕掛けられました。 ただ、底打ちから明確な上昇インパルス波動が形成されています。 買いのコンセンサスが得られる地点までの調整を待つ展開が予想されます。 EW理論に基づくと、小さい波動のカウントから上目線は維持されます。 #仮想通貨

TwitterNANA@ゲームやってます!@XVpw75wcBj0ViXS

返信 リツイート 3:30

SBI北尾社長「国際送金は、仮想通貨XRP(リップル)を使用する形で」 北尾社長はフィンサムにて、デジタル決済および仮想通貨領域について熱弁。米Rippleと提携したマネーグラムのほか、デジタル決済マネータップの展望、STOによる資金調達など多岐に渡る事業展開に言及した。

コインチェック騒動から学ぶことまとめ!・仮想通貨史上最大の盗難事件・盗難された金額580億円・市場に与えた影響・仮想通貨市場が急拡大の展開kkburoburo.com/archives/355

返信先:@wakuisouta 株とFXと仮想通貨に突っ込む展開ですね。

RT @Automneparis: #ノアプラチナム #ノアコイン #noah #NOAH 仮想通貨 海外展開じわじわと片鱗が見えてきてますね。コンビニでも使えるカードもありがたい。現金いらず😊✨ pic.twitter.com/zZbWgAOggh

Twitterカミナリさん⚡@feedten1

返信 リツイート 昨日 14:00